ぐんまシルク

絹織物や繭と生糸の生産で伝統と歴史のある群馬県が開発した繭から生まれた生糸が「ぐんまシルク」です

群馬県は富岡製糸場や桐生織で栄えた歴史を持ち、絹の原料となる繭と生糸の生産では現在でも日本一を誇っています。その群馬県で開発したオリジナル繭から作られた生糸が「ぐんまシルク」です。

群馬県における絹の生産の歴史は古く、天平勝宝4年(西暦752年)、群馬県から朝廷に「あしぎぬ」が献納されたと記載があります。明治5年の設置された「富岡製糸場」も有名で、群馬県の歴史は絹と深く結びついています。

現在、群馬県の生糸の生産は日本全国の6割を占めており日本一の生産量です。
上毛かるたの一節に「繭と生糸は日本一」とある通り、まさに群馬県は日本一の絹の郷と言えます。

私達が扱っているぐんまシルク製品は、蚕の飼育から製糸・加工・販売まで一貫して日本国内・群馬県内で行っている、正真正銘の日本製・群馬製のシルク製品で、非常に貴重性・希少性の高い製品です。繭から糸を引いて糸を作る製糸工程では、繭から糸を解きやすくするために繭を煮立てます。煮立てた繭は非常に腐敗しやすくカビも生えやすいため、通常はそれを防ぐためにホルマリンや防腐剤を使用します。しかし、ぐんまシルクを作っている碓氷製糸工場では、独自の技術によりホルマリンや防腐剤を一切使用しない製糸技術を確立しています。そのため、ぐんまシルクは赤ちゃんからお年寄りまで安心してお使いいただける安全・安心のシルク製品です。また、ぐんまシルクを100%使用している製品については、「ぐんまシルク」認証マークを貼付して販売しています。

認証 ぐんまシルク 群馬県

私達の取り扱っているぐんまシルクの商品も、ぐんまシルクを一定の割合以上使用している製品については、この認証マークを貼付して販売しています。

 

純国産絹のボディケアグッズの販売

純国産絹 蚕品種「ぐんま200」のブランド ボディケアグッズを販売開始いたしました。「純国産絹をもっと親しみやすく」と「良質な純国産シルクプロテインを感じてもらうために」をテーマにボディケアブランド『珠絹(たまぎぬ)』を立ち上げました。ぐんまシルク特有の「かさ高さ」「防腐剤・ホルマリンフリー」だからできたお肌にやさしいボディケアブランドです。

クリックすると「珠絹」ブランドページに移ります

 

Yahooショッピングサイト、amazonでもご購入いただけます。